外人デリヘル情報だけを集めた最強サイト

ブロンドスタイルおすすめ記事
スイッチが入って2回戦目に突入

スイッチが入って2回戦目に突入

いきなり始める責めにやる気マックス

その日利用したデリヘルで指名した女性は32歳のフィリピン人妻でムチムチなボディがセールスポイントです。
部屋に入ると既に女性はやる気満々で、いきなり濃密なキスからスタートします。
そのまま女性が大事なところを責めてきて、ギンギン状態になりました。

こちらが責めると既に濡れっぱなしで指で責めると喘ぎ声がどんどん大きくなり、そのままお風呂に入る流れでした。
デリヘル遊びで一つの醍醐味となるのはこの責めに対しての反応だと思っています。

お風呂では体の至るところを丁寧に洗ってくれて、この時点で既にイキそうになってしまうのも無理はないと思います。
そしていざプレイをスタートすれば、素股が得意ということもあってまたがってきました。
まるで本当に挿入しているかのような気持ち良さにノックアウト寸前です。

少し休憩の意味もかねてキスやフェラチオでも十分に楽しんだ後に再度素股であえなく撃沈しました。
挿入とはまた違う気持ち良さを堪能できて大満足の時間となり、ソファーでのんびりしているとまたムラムラしてきて2回戦のスタートとなりました。

2回戦はさらにエロくなる

休憩後に2回戦が開始されるとさらに女性はエロくなっていきました。
少し慣れてきたこともあって、こちらの要望にしっかり合わせてくれるのも嬉しいポイントです。
少し長めの90分コースを選択しておけば、このように2回戦に突入することもできやすいといえるでしょう。

自分がどういったプレイが好きであるのかも2回戦の方が伝えやすいというのも大きいといえます。
そして素股は十分に堪能したため、フェラチオを堪能したい旨を伝えて楽しみました。
素股もさることながらフェラチオのテクニックも天下一品といえるだけのレベルであり、どちらも楽しんで良かったと素直に思いました。

責めると愛液がねっとり

回戦を行うにあたって、自分も女性をしっかり責めたいと思って責めました。
若い女性にはないほどの愛液を垂らしながら喘ぎ声を出している瞬間は最高の一言です。
若い女性に比べると、年齢を重ねた女性の方が責めた時の反応が良いかのような気がします。
責めるのを楽しむのも、責められるのを楽しめるのもデリヘルを利用するにあたって頭に入れておくべきことです。

相性が良い女性を見つければそれだけで満足ができる風俗遊びに繋がっていくものです。
自分でどういった楽しみ方を追求していきたいのかを考えれば自ずと答えは出るでしょう。
2回戦も楽しみたいと思う方にとって適しているお店や女性を見つけるのも一つの手です。
デリヘルはもちろん、風俗遊びをする上において意識すべきことといえます。